いたたかの水辺

アクアリウムについてのブログ。肉食魚/熱帯魚/日淡など幅広くやっております。

プログラミング学習を1ヶ月続けてみて

プログラミング学習を続けてみて1ヶ月が経ったので、その振り返りと今後に

 

1.プログラミング学習を始めた理由

・前から農閑期に勉強しようと思っていた。

・スキルを身につけたかった。

・友人から誘われていた。

・昔から少し興味があった。

・自由な働き方ができると聞いて。

 

2.始めたころの目標

・プログラミングで月5万くらい稼ぎたい。

・自由に稼げるようになりたい。

 

3.どんな風に勉強したか

基本的にドットインストールで独学。仲間なし。

HTML基礎→JavaScript基礎→環境構築→PHP基礎→Ruby入門→Rails入門→Jquery基礎→フレックスボックス→レスポンシブデザイン→アプリ紹介ページ→Bootstrap

みたいな流れ。

途中、ホームページを自作したりしてました。

データベース(MySQL)やCSSはつまらなかったので、少しやってやめました。

 

4.今の目標

始めは月5万を目標にしていたのですが、今は趣味程度でいいかな?と思えてきました。

挫折でしょうか?

近所の温泉のホームページが数年間更新されていないので、ワンチャンそこで金稼げればいいかな程度。

簡単なものならググれば作れるくらいにはなったので、PHPについてもう少し学んだら、制作にシフトしていきます。

 

5.最後に

これからドットインストールで勉強する人に向けて、自分なりのおすすめの手順。

①基礎の基礎

HTML→CSSJavaScript→環境構築→PHP(→興味があればRuby)

②簡単なwebページを自作

③プレミアム会員登録

④フレックスボックス、レスポンシブデザイン、作ろう系、Bootstrap、他

Railsとかlaravelとかのフレームワークは難しい、というかちんぷんかんぷんでした。

しつこい水槽の水垢には百均のウロコとり

数ヶ月前にもらった90cm水槽。

水垢汚れが酷くて、使えずにいました。

今日はなんとなく気が向いたので、その水垢の除去を試みました。

 

除去前がこちら。

f:id:tappi-aq:20200112161757j:image

そして除去後

f:id:tappi-aq:20200112161945j:image

完璧ではありませんが、かなり綺麗になりました!

 

今回使用したのは百均のダイヤモンドウロコとり。

クエン酸は研磨剤のついていないプレーンタイプです。

 

f:id:tappi-aq:20200112162404j:image

(使用後なのですり減ってます)

左がプレーンタイプ、右がクエン酸配合タイプになります。

どちらも使いましたが、明らかにプレーンタイプの方が効果アリでした。

 

他にも鏡用の研磨剤や謎の溶剤なども使ったことがあるのですが(今日ではないです)、一番効果があったのはプレーンタイプのダイヤモンドウロコとりですね。

一番どころではなく、ダントツ優勝レベルです。

 

研磨剤も一応効果はあったんですけど、枠あり水槽だと細かい粒子を洗い流すことができなくて、水槽の中に残ってしまいます。

生体への影響を考えると、不安が大きいです。

溶剤は言わずもがな。

 

まとめ

・水槽の水垢除去には百均のウロコとり(プレーンタイプ)を使おう。

 

 

 

 

今日やったこと

・プログラミング学習

 →ドットインストール

  ・PHPで画像掲示板#14〜20

       ・レスポンシブwebデザイン#1〜8

       ・フレックスボックス#1〜16

       ・HTML/CSS実践.アプリ紹介ページ#1〜8

・在庫90水槽の水垢除去

【初】水草レイアウト水槽に着手

これまで生体メインでアクアリウムを楽しんでいた私いたたかですが、これからは水草水槽にも取り組もうかなと。

 

てなわけで福袋セールの風山石を60cm水槽にドカドカと。

f:id:tappi-aq:20200111170850j:image

(反射でメガネ野郎が映り込んでるけど気にしないでね)

用意した風山石だけでは足りなかったので、裏庭にぶん投げといた溶岩石や無名石も投下。

流れとか全く理解してないけど、自己満足できるぐらいには仕上がりました。

左側のトンガリ山がお気に入りです!

素材があればもう少し高さを出したかったかな。

 

前面には田砂を敷きます。

コリドラスの遊び場に、、、と考えての選択ですが、余りに広すぎますねw

端の方にショートヘアグラスとか植えてみようかな。

 

そして用意した水草はこれら。

f:id:tappi-aq:20200111171546j:image

チャームのおまかせセットで、前・中・後の3パック。

ほとんど知らない水草です。

失敗前提でやると決めてました。

上手くいかなかったらガンガン植え替えます!

 

 

植栽はマジで適当です。

前景は前の方、中景は真ん中あたり、後景は後ろの方、、、と言葉通りに植えました。

で、こんな感じに

f:id:tappi-aq:20200112160349j:image

大丈夫かな?

 

こんな感じで、暫くは様子見です。

陰性水草とかも追加してみたい。

 

じゃ、さよーなら。

 

【今日やったことまとめ】

・プログラミング学習

 →ドットインストール

  ・PHPで画像掲示板#1〜14

       ・プレミアム会員登録

水草水槽立ち上げ

 →石組み〜水草植栽まで

レグラスポニックス300Hで何を飼うのか

ホームセンターにレグラスポニックス300Hが売ってました。

¥4980の激安価格だったので買っちゃった。

f:id:tappi-aq:20200110132755j:image

 

さて、買ったはいいものの、僕はこれで一体何を飼うのやら???

(安いという理由だけで買うのは良くないですね)

 

現在はこんな感じで水作りしてます。

f:id:tappi-aq:20200110133321j:image

植栽ゾーンには以前から持っていたパキラとガジュマルを適当に。

純正ポンプは吸盤が雑魚で気に食わなかったので、水作SPFに変更。

津軽プレミアムが思ったよりも汚くて、水の濁りが取れません...

 

さて、本題へ

【レグポニ3hで何飼うの?】

候補がいくつかあるので、ざーっと並べていきます。

 

・熱帯魚(ネオンテトラコリドラスetc...

オヤニラミ(無加温でいいから

・チョウセンブナ(無加温(ry

・ザリガニ(脱走が不安

・肉食魚育成(飛び出し対策必須

 

こんなところです。

肉食魚やザリガニは濾過面での不安が大きいです。

植栽ゾーンだけでは濾過に不安が残るので、底面か外部との併用になりそう。

飛び出し対策も含めて、工夫が必要になりますね。

 

水槽部分のレイアウトは陰性水草メインでしょうね。

構造的に植栽ゾーンの影が多くなるので、こうりょうが必要な水草は難しそうです。

それに、構造的にメンテが困難な点でも、メンテ頻度の少なくて良い陰性水草に軍配があがりますな。

 

 

先の見えないレグラスポニックスですが、パキラとガジュマルへの水やりが自動化されたと考えて、良しとしましょう笑

【jquery】サーバーで実行すると「No such file or directory」のエラーメッセージが出る場合の対処

ドットインストール、jquery編 #18

サーバー上で実行してみたが、「No such file or directory」のエラーメッセージが。

解決できたので、その方法を残しておきます。

 

以下、解説。

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

ローカル環境(ブラウザにファイル貼り付け)ではjQueryファイルを読み込むが、サーバー(vagrant -> ブラウザ)ではjQueryファイルを読み込まない場合

<エラーメッセージ:No such file or directory>

 

①<script type="text/javascript" src="jquery-3.4.1.min.js"></script>

②<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-3.4.1.min.js"></script>

 

上記のように修正したら解決できた。

因みに、実行ファイル(index.html)と jQyeryファイル(jquery-3.4.1.min.js)の保存場所は同じ。

 

どうやら、サーバー上で jQyeryファイルを読み込む場合は,、絶対パスを使うらしい?

 

詳しく知りたい方は「No such file or directory 存在する」で検索どぞ。

シン・水槽部屋の構想①愚痴的な話

こんばんわ

せっかくの休みだから偶には外食にでも行こうか、と外に出かけた筈なのに、気づいたらインスタントラーメンに米をぶち込んでいました。

 

床面積2倍の新部屋を手に入れたものの、120cm水槽台搬入不可能説&資金不足により、停滞を余儀なくされてしまった僕の新天地計画。

金を稼ぐ以外何も出来なくなってしまった僕は、ブログで妄想を垂れ流すことしか出来ないのであった。

 

数日前のブログにも記したが、簡単に部屋の現状を振り返ってみる。

・90規格 古代魚

・90スリム   日淡

・60規格 熱帯魚

・40規格 金魚

・30規格 アカヒレ

・その他小型容器にイモリやザリガニなど

こんな感じだ。

 

部屋が広くなったからと言って、水槽の数が増えた訳ではない。

別室行きになっていた日淡水槽が再び僕の寝室(水槽部屋)に帰ってきたぐらいである。

 

当然僕は満足していない。

そもそも部屋を大きくしたのも、水槽をもっと置く為である。

資金不足になったのもヤフオクで水槽台と水槽を買ったからだ。

全ては水槽をもっと置いて、魚をいっぱい買うためだったのに、蓋を開けてみれば何も変わっていないのである。

(狭い部屋で過ごすストレスからは解放された。これはこれですごく嬉しいんだけど、今はそんな話してない。)

 

水槽台はセットで4つ買ったし、おまけの水槽は大小合わせて9個も貰った。

でも水槽台1つしか使えてない!

このままじゃ大損だよ!

 

なんか話がズレてるので強引に戻します。

僕が言いたいのは「部屋をどんな風にしたいのか」です。

寝室でもあるので、家にいるときの大半は過ごす部屋。

水槽だけではなく、ベッドやソファ、デスク、本棚、、、色々置くものがあります。

あ、ダーツも置きたいかな。

 

寝る時間になったので、きょうはここまで。

本題は明日上げます。

じゃーねー

僕の一推し!60cm規格水槽で飼える肉食魚

こんにちは

以前このブログで「ヒーター無しの30cm水槽で飼えるスネークヘッド」なるタイトルで、ウキゴリを紹介したことのあるいたたかです。

 

今回は釣りじゃないので安心してくださいね♡

 

さて、タイトルに「60cm規格水槽で飼える」とあるな。

すまんが、あれは嘘だ。

実は45cm水槽でも飼えるのだ!

 

...察しの良い皆様なら、もうお分かりでしょう。

「あぁ、オヤニラミだな」

「また日淡で釣ったのか」

 

まぁ、待って下さいよ。

誰が「ヒーター無しで飼える」と言った?

 

f:id:tappi-aq:20191105190919j:image

こいつが無加温で冬を越せると思うか!?

 

茶番はここまでとして、

今日紹介する魚は

コバルトブルーアカラです。

 

コバルトブルーアカラ(長いので次からはアカラと呼ぶ)はブルーアカラを品種改良した魚です。

ヒブナからの金魚みたいなもんですね。

オスカーなんかと同じシクリッド科で、気性は荒め。

うちではコンゴテトラとかモツゴ(何故?)とかと混泳させていたのですが、追いかけ回してましたね。

食欲も旺盛なので成長も早いです。

 

それではなんで僕がオススメしたいのかを説明していきますね。

 

①大きさが丁度良い

最大13〜15cmくらいです。

小型のスネークヘッドと同じくらいですね。

奥行き30cmもあれば余裕で飼育できますね。

これが45cm水槽でも飼えると言った理由です。

(結構食べ散らかすから、60にして水量を確保することをおすすめするけどね)

ゆったり目にホバリングするみたいに泳ぐから特別広くする必要も感じませんでした。

 

②見た目がいい

これは個人の趣味によるだろうけど、コバルトブルーと言うだけあって綺麗な青色をしてします。

ヒレの縁がオレンジなのもアクセントが効いててオシャレですね。

f:id:tappi-aq:20191105192441j:image

あと、買った次の日には餌の催促をする程食いしん坊?人懐こい?アホ?賢い?です。

 

③普通に飼える

熱帯魚飼育の基本を抑えてさえいれば普通に飼えます。

一度サンゴを入れたせいでpHが8.0まで上がったことがあるのですが、見た感じ変わらなかったし餌もめっちゃ食ってました。

 

④始めっから人工飼料食いがち

改良品種だからブリードものがほとんど(ワイルドものなんて居るのかな?)なので、人工飼料にベタ慣れしてます。

うちでは3cmくらいのときは冷凍アカムシとひかりクレストのカラシンのやつ、今(8cmくらい)はカーニバルをあげています。

ミルワームとかアカヒレとかも食べますね。

健康であれば餌に困ることはないでしょう。

 

どうです?

良くないですか?

事情があって60までしか水槽を置かない!って方におすすめです。

ちなみに値段は安いです(1000円しないくらい)。

 

こっからは注意点

⑤僕は混泳失敗した

コンゴテトラ、クラウンラーチ、ブッシープレコ、モツゴと混泳させてたけど、みんな流木の下にひれ伏してた。

誤算だったのは食に対する貪欲さとその食欲からくる成長スピード。

混泳させるときは計画的に。

失敗したときの事も考えておこう。

 

⑥ストレスで黒ずむ?

これはちょっとあやふやな情報。

前にショップでアカラを見たことがあるんだけど、かなり黒ずんでた。

うちの環境と違うのはアカラ同士混泳させてたこと(うちはアカラは1匹だけ)。

綺麗な発色を保ちたいならストレスの少ない環境で飼育した方がいいのかも。

僕はそのつもりです。

 

 

はい。こんな感じです。

まとめると

・15cm止まり

・60で飼える

・基本を抑えればOK

・初心者にもおすすめ

です。

 

最後に

ウキゴリはほんとにすまんかった。

じゃあの。ばいばい

自己満!僕の飼いたい魚10選

こんばんわ。

自分の部屋に置けない数の水槽を買ってしまったいたたかです。

 

今回はいつも通り完全なる自己満足で、飼いたい魚を10種ほどセレクトしたので、発表します。

 

1.キクラ・インターメディア

f:id:tappi-aq:20191103124052j:image

ストライプ模様でシャープな印象を受けるキクラです。

キクラの仲間で一番好きな種です。

風の噂によるとキクラ類の中では温厚な方らしいのでワンチャン混泳飼育の期待が持てます。

 

2.青系スネークヘッド

f:id:tappi-aq:20191103125725j:image

チャンナ・プルクラとかブルームーンギャラクシーとかフラワートーマンとか...

決めきれませんでした。

気に入った個体が居たら飼ってみたいな〜

 

3.レッドデビルエンゼルフィッシュ

f:id:tappi-aq:20191103125813j:image

このチープな厨二ネームがたまらん。

自分の中ではエンゼルフィッシュ=古い魚というイメージがあった(超失礼)のですが、とある動画を見てから魅力的な魚だな、と。

混泳できるのも◎

 

4.オヤニラミ

f:id:tappi-aq:20191103125901j:image

日淡の中でも異端な存在ではないでしょうか?

45水槽でも飼えるし、ヒーター不要なのが地味に助かるw

 

5.ハイドロシナスガー

f:id:tappi-aq:20191103130158j:image

殿堂入りしたガー類の代替種として有名なカラシンガーですね。

ブラントノーズよりもハイドロの方がガー感が強いのでこっちをセレクト。

吻が長いので広い水槽で飼育してあげたい。

 

6.カブトニオイガメ

f:id:tappi-aq:20191103130512p:image

魚じゃないけど水槽飼育なのでランクイン。

混泳が少し怖いので優先度は低め。

部屋を温室化できたら飼ってみたい。

 

7.マーブルランサー

f:id:tappi-aq:20191103130731j:image

可愛い、カッコいい、キレイ、口小さい、巨大化しない。

理想的なナマズ

 

8.プレコ類

f:id:tappi-aq:20191103130930j:image

飼ってるブッシープレコのピョコピョコした動きがかわいくてもっと飼いたくなった。

コケも取ってくれるしね。

種類については勉強不足で申し訳ない。

 

9.下顎系ポリプ

f:id:tappi-aq:20191103131603j:image

柄に個性が出る魚は気に入った個体を買いたい。

その拘りのせいで未だに手を出せていません。

大きめのを買ってサラトガのタンクメイトにしたい。

 

10.ペーシュ・カショーロ

f:id:tappi-aq:20191103131630j:image

またリベンジしたい。

前回飼育時の反省を活かして60ワイドで単独飼育しようと思う。

 

以上です。

部屋面積2倍界王拳を会得した僕なら全部飼えるはず。

多分ね。

ノーザンバラムンディ飼育2ヶ月目に思う混泳論

混泳論とかカッコつけてるけど、要は「混泳に絶対はない」と改めて思ったよ。ってことです。

ちなみに体長20〜50cm程度までの話ですので、ご了承下さい。

 

9月中旬にノーザンバラムンディ(以下サラトガ。長いので)を購入して2ヶ月目になりました。

体長は目測20cmくらい。

90規格水槽で同じくらいのサイズのショベルノーズとデルヘッジ、二回りくらい小さいビュティコファリーとオルナティピンニスの合計4匹で混泳飼育しています。

現在はセパレートを設置してサラトガとそれ以外、という形で隔離して飼育しています。

 

今回はサラトガ飼育を始めてからの2ヶ月を振り返りながら、混泳飼育について自分なりの考え方を話していこうと思います。

よろしくお願いします。

 

まず、このサラトガは超過密混泳水槽にて飼育販売されていました。

60規格にシルバー20匹くらい居たかな?

でも目立って状態の悪い個体も居なかったので、喧嘩などはほとんど無かったようでした。

その中に1匹だけいたサラトガを購入しました。

因みにワイルド個体です。

 

一般的(ネット)にサラトガはとても排他的で単独飼育を強く勧められていたので、泳層が違うとはいえポリプたちとの混泳には不安がありました。

が、セパレートを用意済みだったので、もしもの時はこれに頼ればよいと考え購入に踏み切りました。

 

混泳開始から1ヶ月は平和でした。

しかし、1ヶ月を過ぎた頃からポリプをしつこく突っつき始めたので、セパレートを設置し隔離しました。

(何故かショベルノーズには無関心)

そして混泳は1ヶ月で失敗に終わりました。

 

【僕なりの混泳のコツ】

現在セパレートで隔離している僕が言うのもあれだけど、偉そうにコツめいたものを書いときます。

 

①失敗したときの対策を考えておく

セパレーターは必ず準備して下さい。

ベストはサブタンクでしょうね。

どうしようも無くなったらショップや知人に引き取ってもらいましょう。

 

②丈夫な魚をセレクトする

ここで言う丈夫とは「打たれ強い」という意味です。

ナマズ古代魚、シクリッドなんかは打たれ強い部類に入ると思います(種による)。

反対にカラシン類は打たれ弱く、神経質な種類が多いので注意して下さい。

大人しいと言われる種類の魚は混泳向きと言われていますが、他の魚からの攻撃対象になってしまうとかなり厳しいということを覚えておいて下さい。

 

③泳層を過信しない

泳層をばらけさせるのは混泳飼育における基本技術の一つですが、気休め程度に考えといた方が無難です。

アロワナだって沈んだキャットを食べるし、ポリプも浮いたクリルを食べます。

うちのサラトガやアカラなんて常に餌を探して表層から底まで行ったり来たりです。

その道すがら他の魚を見つけたらダイレクトアタックをお見舞いです。

 

④とりあえずやってみなされ

色々言ってきたけど、結局やってみるしかないです。

無計画、不勉強でないなら試してみることです。

大丈夫、セパレーターがあればなんとかなります。

最悪水槽が増えるだけです。むしろラッキーじゃん!

 

「混泳に絶対は無い」

 

この言葉をポジティブに捉えて古代魚飼育を楽しんでいきましょう!!!

水槽部屋(寝室)リニューアル

6畳から12畳へ。

倍の面積になりました。

f:id:tappi-aq:20191101101739j:image

南側に古代魚90と日淡90スリム 

f:id:tappi-aq:20191101101749j:image

東に熱帯魚60と金魚(暗くて見えない)

f:id:tappi-aq:20191101101756j:image

北側にイモリとかザリガニとか(まだ整理の途中です)

水槽関係はざっとこんな感じ

 

大きく変わったことはないけど、各水槽について紹介します。

 

古代魚90】

f:id:tappi-aq:20191101102056j:image

サラトガ、ショベルノーズ、デルヘッジ、ビュティコファリー、オルナティ・ピンニス

サラトガがポリプをいじめ始めたのでセパレートで隔離。

底砂をガーネットサンド→ベアタンク、背景を黒→青に変更。

ろ過は上部のみ。

 

【日淡90スリム】

f:id:tappi-aq:20191101102713j:image

f:id:tappi-aq:20191101103206j:image

イカワやドジョウなど採集した日淡類

田砂を大磯に変更。個人的にこっちのがしっくり来る。

ろ過は外部と底面の併用。底面には水作spfを使用。

水流の関係でオイカワが常に正面を向いてしまう(写真2枚目)のと、レイアウトしていないのが課題。

 

【熱帯魚60】

f:id:tappi-aq:20191101103540j:image

コバルトブルーアカラ、コンゴテトラ、クラウンローチ、ミニブッシープレコ、ベタ・ハーフムーン(確か)

ガーネットサンドを除去。アカラが他を虐めるのでセパレート。

水槽移動後コンゴテトラ1匹が死亡。

残りの1匹も不調。

 

【金魚 他】

割愛

 

こんな感じ。

 

今やろうと思っているのは

サラトガから追われたポリプたちの新居

・日淡に緑を

です。

 

f:id:tappi-aq:20191101103842j:image

...これもなんとかしなければ

ベタ始めます。

久しぶりの更新になってしまいました。

こんばんわ。いたたかです。

 

突然ですが、ベタを買いました。

f:id:tappi-aq:20191006192512j:image

とても綺麗で可愛らしいです。

 

父親とらんちゅうを買いに行ったんですよ。

そしたらベタの即売会をやっててね。

父親「ベタもいいなぁ」

でベタを買うことになりました。

 

余談ですが、父親が財布を忘れたので僕が代金を払いました。

世話をするのも僕です。

全然OKです。

 

さて、ということでベタを飼い始めたわけですが、ベタを飼う設備がありません。

とりあえず今は熱帯魚水槽のサテライトに入れています。

アカヒレを飼う予定だった30水槽で飼おうかな?

それとも新しく25キューブでも買おうかな?

ヒーターも買わないといけないなぁ。

あ、おやすみベタリーフも試してみたい!

 

今夜も眠れそうにありません笑

イモリウム作成開始

ケースはこれ

f:id:tappi-aq:20190924053056j:image

100均のプラスチックケースです。300円するけど。

ケースにレイアウトのイメージをざっくり描いておくと組みやすいね。

アカハライモリを飼育するので、水場を設けます。

でもうちのイモリは陸地にいることがほとんどなので、陸地多めにしました。

 

水場と陸地の仕切り?にはバークチップを使用しました。

f:id:tappi-aq:20190924053706j:image

アク抜きはした方がいいです。

このままだと水に浮いてしまうので、グルーガンでケースに直接接着します。

 

水の通りが良くなるように陸地部分の底に自作の底面フィルターを設置。

f:id:tappi-aq:20190924054056j:image

まぁこの水槽にはフィルターを設置しないので、別に無くてもいいと思います。

気持ちの問題です。

 

ソイルの下地として余っていたハイドロボールを敷きました。

f:id:tappi-aq:20190924054326j:image

これも気にしないという人はソイルをドバーッとしても問題ないです。

これも気持ちの問題です。

 

...で、結局はソイルを使わずに、残っていた極床造形君を底材にしました。

(ソイル買うのめんどかった)

f:id:tappi-aq:20190924054449j:image

f:id:tappi-aq:20190924054621j:image

こんな感じです。

あとは陸地部分に水草の種を蒔いて発芽を待てば殆ど完成です。

水場の底砂はてきとうになんか敷いときます。

 

2週間後が楽しみだ

水草の種の様子

一週間前に蒔いた水草の種。こんな感じになりました。

f:id:tappi-aq:20190921143040j:image

管理は1日1回の霧吹きのみ。

陽当たりの良い場所にラップを半分だけかけて放置しています。

 

もう少し育ったら水を入れてアカヒレ飼育開始です!

フィルター買わないとなぁ...

タイトルが思いつきません。

今日は中学校の部活に参加して先輩面してきました。

昼は友達とラーメンを食べました。

楽しい1日でした。

 

明日から1週間は講習会です。

さらにそのまた次の週からは稲刈りが始まります。

暫くは遊べないのかもしれません。

夏は遊びまくったので、その分返済しないといけませんね。

でもこういう緩急のあるライフスタイルは嫌いではありません。

 

幸せ者だなぁ、と思った今日という日でした。

エンド!

水草絨毯チャレンジ

 

アカヒレってヒーター要らないみたいね。

ということで、アカヒレ移住計画スタートです。

 

アカヒレの移住先は30cm規格水槽。

ちょっと背伸びして水草絨毯にチャレンジしたいと思います。

 

用意したのはこちら。

f:id:tappi-aq:20190914114216j:image

コトブキのプランツシード(ハイグロタイガー)と水草一番サンド。

プランツシードはイモリウム用に購入したもの。

絶対余るので小袋1つ分頂戴しました。

ソイルはよくわからないので、適当に選びました。

なんか吸着系ソイルらしい。

 

ソイル入れた。

f:id:tappi-aq:20190914114448j:image

縦置きするかもしれないので、右手前から左奥に向かって高くしてみました。

アクセントで石を置いてみたけどこれでいいのかはわからん。

 

種を蒔く前にひたひた程度に水を投入。

f:id:tappi-aq:20190914115059j:image

高低差があるので、ひたひた具合が均一にならないのはどうすれば???

f:id:tappi-aq:20190914115218j:image

種はこんな感じ。

これを満遍なく蒔くぞ!

 

f:id:tappi-aq:20190914115233j:image

...蒔き方の癖が強い。

満遍なく蒔くなんて無理だろ!

大丈夫なのかこれは。

 

最後に乾燥防止にラップして陽当たりの良い場所にポイ。

f:id:tappi-aq:20190914115402j:image

1〜2週間で目が出るみたい。

楽しみだな〜。

ちょいちょい経過報告するので、気になる人は見てね。

じゃーねー